ニュース

赤ワインによる脂質異常症の改善と動脈硬化予防効果の研究について

 ブラジルの南ミナス連邦研究所のJander Alves dos Anjosらは赤ワインが動脈硬化の予防に効果があることを研究によって明らかにしました。詳細には、メルロー種のブドウで醸造した赤ワインが遺伝性脂質異常症を持つマウスにおける抗脂質異常症の改善効果があり、⼼臓⾎管の弾性維持効果(=硬化予防)があることを研究によって明らかにしました。 ●脂質異常症とは? 血液中には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4つの主要な脂質が存在します。コレステロールは人体において重要な物質であり、細胞膜の構成要素として、胆汁酸の生成やホルモン合成に必要です。中性脂肪はエネルギー貯蔵、体温調節、内臓の保護など、多くの生体機能に寄与しています。 ただし、これらの脂質が過剰に存在すると、健康に悪影響を及ぼすことがあります。脂質異常症は、特に悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪が高い状態、または善玉(HDL)コレステロールが低い状態など、脂質のバランスが乱れた病態を指します。脂質のバランスが乱れた状態が続くと、動脈硬化などの疾患のリスクが高まります。  Janderらの研究では、2019年のメルローの赤ワインを4.3 mL/kg/⽇の量でマウスに与え、影響を調査しました。この量は、人間でいえば60㎏の人で250mLのワインを毎日飲むことに相当します。  結果は、ワインを摂取せずに高脂質なエサを食べ続けたマウスは動脈にコラーゲンが沈着し、動脈硬化のような状態になった一方で、ワインを摂取しながら高脂質なエサを食べたマウスは動脈硬化を発症しませんでした。さらに、高脂質でない通常のエサを食べたマウスのグループでは、ワインを摂取したマウスはさらに健康な動脈になっていました。  Janderらは、ワインに含まれるレスベラトロールの抗酸化作⽤と抗炎症作⽤ (Matos et al., 2012)により脂質低下がもたらされた結果、脂質異常症の予防に赤ワインが効果的であると結論付けています。  ぜひ皆様も健康のために、赤ワインを飲む習慣を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?  赤ワインを飲めない日には、薬剤師が開発した赤ワインサプリメントもおすすめです。生活習慣を改善し、適度に運動やリフレッシュを取り入れていきいきとした喜びのある人生を送りましょう!  

赤ワインによる脂質異常症の改善と動脈硬化予防効果の研究について

 ブラジルの南ミナス連邦研究所のJander Alves dos Anjosらは赤ワインが動脈硬化の予防に効果があることを研究によって明らかにしました。詳細には、メルロー種のブドウで醸造した赤ワインが遺伝性脂質異常症を持つマウスにおける抗脂質異常症の改善効果があり、⼼臓⾎管の弾性維持効果(=硬化予防)があることを研究によって明らかにしました。 ●脂質異常症とは? 血液中には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4つの主要な脂質が存在します。コレステロールは人体において重要な物質であり、細胞膜の構成要素として、胆汁酸の生成やホルモン合成に必要です。中性脂肪はエネルギー貯蔵、体温調節、内臓の保護など、多くの生体機能に寄与しています。 ただし、これらの脂質が過剰に存在すると、健康に悪影響を及ぼすことがあります。脂質異常症は、特に悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪が高い状態、または善玉(HDL)コレステロールが低い状態など、脂質のバランスが乱れた病態を指します。脂質のバランスが乱れた状態が続くと、動脈硬化などの疾患のリスクが高まります。  Janderらの研究では、2019年のメルローの赤ワインを4.3 mL/kg/⽇の量でマウスに与え、影響を調査しました。この量は、人間でいえば60㎏の人で250mLのワインを毎日飲むことに相当します。  結果は、ワインを摂取せずに高脂質なエサを食べ続けたマウスは動脈にコラーゲンが沈着し、動脈硬化のような状態になった一方で、ワインを摂取しながら高脂質なエサを食べたマウスは動脈硬化を発症しませんでした。さらに、高脂質でない通常のエサを食べたマウスのグループでは、ワインを摂取したマウスはさらに健康な動脈になっていました。  Janderらは、ワインに含まれるレスベラトロールの抗酸化作⽤と抗炎症作⽤ (Matos et al., 2012)により脂質低下がもたらされた結果、脂質異常症の予防に赤ワインが効果的であると結論付けています。  ぜひ皆様も健康のために、赤ワインを飲む習慣を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?  赤ワインを飲めない日には、薬剤師が開発した赤ワインサプリメントもおすすめです。生活習慣を改善し、適度に運動やリフレッシュを取り入れていきいきとした喜びのある人生を送りましょう!  

アラミストのジェネリックが発売開始になりました

アラミストのジェネリックが発売開始になりました

2023年6月16日より、アラミスト点鼻薬のジェネリック医薬品が発売開始になりました。 アラミストは、花粉症やアレルギー性鼻炎の治療に用いられる点鼻薬です。この薬は、ステロイドの一種であるフルチカゾンフランカルボン酸エステルを含んでおり、鼻の炎症を抑えてくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状を改善します。 アラミストは、2021年6月16日に特許が切れたことに伴い、ジェネリック医薬品として発売されるようになりました。ジェネリック医薬品とは、先発医薬品と同じ成分や効果を持ちながら、価格が安くなっている薬のことです。ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ品質や安全性が確保されていることが厚生労働省によって認められています。 アラミストのもう一つの特徴は、この特徴的なデバイス(容器)にあります。一般的な点鼻薬は、この写真の様にノズルを押し下げて点鼻します。このタイプの点鼻薬は、ノズルの押し下げに力が必要であったり、ノズルを押し下げる際にノズル先の方向が変わって、うまく鼻腔に噴霧されない問題がしばしば発生します。アラミストは、この本体を握るようにして水色のボタンを押し込んで噴霧するため、従来のデバイスより噴霧しやすくなっています。 アラミストのジェネリックが発売開始になりましたが、ほとんどの会社は従来型のノズルを押し下げるタイプの点鼻薬であるため、有効成分は同じであっても、容器が違うために使い心地が違ったり、正しく噴霧できるかが異なる可能性があります。これもアラミストのジェネリックですが、先発とはデバイス形状が全く異なりますね。そこで、ご紹介したいのが武田テバファーマより発売されたジェネリックです。 左が先発のアラミスト、右がジェネリックのフルチカゾンフランカルボン酸エステルです。どうでしょうか?見た目が全く同じではありませんか? そうなんです! 武田テバから発売されるジェネリックは、先発のアラミストと全く同じ工場で、有効成分だけでなく、使用成分全てアラミストと同じで、もちろんデバイスも同じ、すべて全く同じのジェネリック医薬品です。 患者さんの中には、ジェネリック医薬品は有効成分が同じでも、添加物や使い心地が異なることが受け入れられがたいために抵抗のある方がいらっしゃいます。そのような方に、武田テバの後発医薬品はAG(オーソライズドジェネリック)と呼ばれる、先発医薬品と全く同じものを販売しています。 ここで、アラミスト先発とジェネリックの価格を比較してみましょう 先発/後発 先発 後発 後発 発売元 GSK 武田テバ 東和薬品 外見 薬価 1555 628 572 3割負担 518 209 191 アラミストから後発の武田テバのジェネリック医薬品に変更するだけで、3割負担の場合、自己負担額が300円ほど安くなります。一方で、完全なジェネリックの東和薬品と比較しても価格差は20円ほどです。自己負担が安くなりながらも、先発医薬品と全く同じ使い心地を得られるのがAG(オーソライズドジェネリック)です。そう考えると、先発のGSK(グラクソスミスクライン)にうまみはあるのか?と思ってしまいますよね。実は、製造会社はGSKの関連会社、あるいはつながりが強い会社であるため、AGの売り上げにより、ジェネリックに流出した売り上げの一部を還元することが出来ます。医薬品の開発には、有効成分の開発費や治験、各種許認可費用はもちろんですが、製造ライン開発費や、デバイス開発費、工場維持費ももちろん必要です。AGにより、同一工場と同一デバイスを使用するので、工場やデバイスへの投資を回収することができるため、新薬開発元、患者、国(医療費の7割支払元)の皆が幸せになります。 ぜひ、オーソライズド・ジェネリックの使用を検討してみてはいかがでしょうか?薬剤に関する情報を提供することを目的としており、医学的な判断、アドバイスを提供するものではありません。治療等に関するご質問は、医師もしくは薬剤師にご相談ください。Eclendeurは、薬剤師が皆様の健康のトータルコンシェルジュサービスを提供しています。処方された医薬品のご相談や健康上のご相談も承ります。

アラミストのジェネリックが発売開始になりました

2023年6月16日より、アラミスト点鼻薬のジェネリック医薬品が発売開始になりました。 アラミストは、花粉症やアレルギー性鼻炎の治療に用いられる点鼻薬です。この薬は、ステロイドの一種であるフルチカゾンフランカルボン酸エステルを含んでおり、鼻の炎症を抑えてくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状を改善します。 アラミストは、2021年6月16日に特許が切れたことに伴い、ジェネリック医薬品として発売されるようになりました。ジェネリック医薬品とは、先発医薬品と同じ成分や効果を持ちながら、価格が安くなっている薬のことです。ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ品質や安全性が確保されていることが厚生労働省によって認められています。 アラミストのもう一つの特徴は、この特徴的なデバイス(容器)にあります。一般的な点鼻薬は、この写真の様にノズルを押し下げて点鼻します。このタイプの点鼻薬は、ノズルの押し下げに力が必要であったり、ノズルを押し下げる際にノズル先の方向が変わって、うまく鼻腔に噴霧されない問題がしばしば発生します。アラミストは、この本体を握るようにして水色のボタンを押し込んで噴霧するため、従来のデバイスより噴霧しやすくなっています。 アラミストのジェネリックが発売開始になりましたが、ほとんどの会社は従来型のノズルを押し下げるタイプの点鼻薬であるため、有効成分は同じであっても、容器が違うために使い心地が違ったり、正しく噴霧できるかが異なる可能性があります。これもアラミストのジェネリックですが、先発とはデバイス形状が全く異なりますね。そこで、ご紹介したいのが武田テバファーマより発売されたジェネリックです。 左が先発のアラミスト、右がジェネリックのフルチカゾンフランカルボン酸エステルです。どうでしょうか?見た目が全く同じではありませんか? そうなんです! 武田テバから発売されるジェネリックは、先発のアラミストと全く同じ工場で、有効成分だけでなく、使用成分全てアラミストと同じで、もちろんデバイスも同じ、すべて全く同じのジェネリック医薬品です。 患者さんの中には、ジェネリック医薬品は有効成分が同じでも、添加物や使い心地が異なることが受け入れられがたいために抵抗のある方がいらっしゃいます。そのような方に、武田テバの後発医薬品はAG(オーソライズドジェネリック)と呼ばれる、先発医薬品と全く同じものを販売しています。 ここで、アラミスト先発とジェネリックの価格を比較してみましょう 先発/後発 先発 後発 後発 発売元 GSK 武田テバ 東和薬品 外見 薬価 1555 628 572 3割負担 518 209 191 アラミストから後発の武田テバのジェネリック医薬品に変更するだけで、3割負担の場合、自己負担額が300円ほど安くなります。一方で、完全なジェネリックの東和薬品と比較しても価格差は20円ほどです。自己負担が安くなりながらも、先発医薬品と全く同じ使い心地を得られるのがAG(オーソライズドジェネリック)です。そう考えると、先発のGSK(グラクソスミスクライン)にうまみはあるのか?と思ってしまいますよね。実は、製造会社はGSKの関連会社、あるいはつながりが強い会社であるため、AGの売り上げにより、ジェネリックに流出した売り上げの一部を還元することが出来ます。医薬品の開発には、有効成分の開発費や治験、各種許認可費用はもちろんですが、製造ライン開発費や、デバイス開発費、工場維持費ももちろん必要です。AGにより、同一工場と同一デバイスを使用するので、工場やデバイスへの投資を回収することができるため、新薬開発元、患者、国(医療費の7割支払元)の皆が幸せになります。 ぜひ、オーソライズド・ジェネリックの使用を検討してみてはいかがでしょうか?薬剤に関する情報を提供することを目的としており、医学的な判断、アドバイスを提供するものではありません。治療等に関するご質問は、医師もしくは薬剤師にご相談ください。Eclendeurは、薬剤師が皆様の健康のトータルコンシェルジュサービスを提供しています。処方された医薬品のご相談や健康上のご相談も承ります。

亜鉛サプリの有用性と副作用

亜鉛サプリメントは、健康維持や免疫機能の向上などに寄与すると言われており、多くの方々が服用しています。この記事では、亜鉛サプリメントの有益な効果、飲み過ぎによる副反応、亜鉛過剰摂取者の割合について詳しく解説します。 ★亜鉛サプリメントの有益な効果  亜鉛は体内の多くの酵素反応に関わっており、健康維持に重要な役割を果たしています。  1. 免疫機能の強化:  亜鉛は免疫細胞の活性化や増殖を促進し、免疫機能の向上に努めます。免疫細胞の正常な機能は、感染症や炎症の防御に重要です。 2. 傷の治癒促進:  亜鉛はタンパク質合成に必要な酵素の活性化に寄与し、傷の治癒をサポートします。特に皮膚や粘膜の再生に重要な役割を果たしています。 3. 健康な肌の状態の維持:  亜鉛は皮膚の保湿や抗酸化作用に関与し、健康な肌の状態の維持に役立ちます。 ニキビや乾燥肌の改善にも一定の効果が報告されています。これらの有益な効果は、亜鉛の適切な摂取量とバランスの取れた食事との両輪が重要です。★亜鉛サプリメントの飲み過ぎによる副反応  亜鉛サプリメントを適切な摂取量を守って使用することが重要です。 過剰な亜鉛摂取は以下のような副反応が起こる可能性があります。 1. 消化器症状:  亜鉛の過剰摂取により、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの消化器症状が現れることがあります。これは亜鉛が消化器官に刺激を考慮するため起こる可能性があります。亜鉛摂取は銅の吸収を阻害することもあり、長期的には銅欠乏症を起こす可能性があります。 2. 免疫機能への影響:  亜鉛の過剰摂取は免疫機能にも影響を与える可能性があります。一部の研究では、高用量の亜鉛サプリメントの摂取が免疫機能を低下させることが示唆されています。逆に適切な摂取量を守ることで、免疫機能の正常な維持に役立ちます。 3. 銅欠乏症:  過剰な亜鉛摂取は、銅の吸収を阻害することがあります。銅は体内の多くの酵素反応に関与しており、正常な生理機能の維持に重要です。亜鉛の過剰摂取による銅欠乏症は健康への悪影響をもたらす可能性があります。  以上の副反応は、適切な亜鉛の摂取量を守ることで予防することができます。 ★亜鉛サプリメントの過剰摂取の割合  ある調査では、亜鉛サプリメントを利用している人の中で、推奨摂取量を上回る量を摂取している割合が約10%と報告されています。 ★亜鉛サプリメントの過剰摂取による重篤な有害現象の例  亜鉛サプリメントの過剰摂取により重篤な有害現象が発生することは比較的稀ですが、一部の報告では以下のような例があります。 1....

亜鉛サプリの有用性と副作用

亜鉛サプリメントは、健康維持や免疫機能の向上などに寄与すると言われており、多くの方々が服用しています。この記事では、亜鉛サプリメントの有益な効果、飲み過ぎによる副反応、亜鉛過剰摂取者の割合について詳しく解説します。 ★亜鉛サプリメントの有益な効果  亜鉛は体内の多くの酵素反応に関わっており、健康維持に重要な役割を果たしています。  1. 免疫機能の強化:  亜鉛は免疫細胞の活性化や増殖を促進し、免疫機能の向上に努めます。免疫細胞の正常な機能は、感染症や炎症の防御に重要です。 2. 傷の治癒促進:  亜鉛はタンパク質合成に必要な酵素の活性化に寄与し、傷の治癒をサポートします。特に皮膚や粘膜の再生に重要な役割を果たしています。 3. 健康な肌の状態の維持:  亜鉛は皮膚の保湿や抗酸化作用に関与し、健康な肌の状態の維持に役立ちます。 ニキビや乾燥肌の改善にも一定の効果が報告されています。これらの有益な効果は、亜鉛の適切な摂取量とバランスの取れた食事との両輪が重要です。★亜鉛サプリメントの飲み過ぎによる副反応  亜鉛サプリメントを適切な摂取量を守って使用することが重要です。 過剰な亜鉛摂取は以下のような副反応が起こる可能性があります。 1. 消化器症状:  亜鉛の過剰摂取により、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの消化器症状が現れることがあります。これは亜鉛が消化器官に刺激を考慮するため起こる可能性があります。亜鉛摂取は銅の吸収を阻害することもあり、長期的には銅欠乏症を起こす可能性があります。 2. 免疫機能への影響:  亜鉛の過剰摂取は免疫機能にも影響を与える可能性があります。一部の研究では、高用量の亜鉛サプリメントの摂取が免疫機能を低下させることが示唆されています。逆に適切な摂取量を守ることで、免疫機能の正常な維持に役立ちます。 3. 銅欠乏症:  過剰な亜鉛摂取は、銅の吸収を阻害することがあります。銅は体内の多くの酵素反応に関与しており、正常な生理機能の維持に重要です。亜鉛の過剰摂取による銅欠乏症は健康への悪影響をもたらす可能性があります。  以上の副反応は、適切な亜鉛の摂取量を守ることで予防することができます。 ★亜鉛サプリメントの過剰摂取の割合  ある調査では、亜鉛サプリメントを利用している人の中で、推奨摂取量を上回る量を摂取している割合が約10%と報告されています。 ★亜鉛サプリメントの過剰摂取による重篤な有害現象の例  亜鉛サプリメントの過剰摂取により重篤な有害現象が発生することは比較的稀ですが、一部の報告では以下のような例があります。 1....